求人チラシの年間コストと効率

求人にはチラシを効率的に活用

求人にチラシを使うと有効です

求人にあたってチラシを利用することがあります。チラシの効果は、地域限定ではかなりの効果があります。読んでもらえることがまず必要です。ただし冷静に予測することが必要になります。どういう媒体を使うのかも決めなければなりません。新聞の折りこみチラシですと、地域限定としても配る枚数が多くなりますので経費は大きなものになります。雇用をどうしても短期で集めなければならない場合には有効です。地域限定の、販促用の業者に依頼することもできます。この場合には、枚数が限定されるので年間にどれくらいの頻度で投函すれば、いくらかかるという経費のメドがはっきりすることにメリットがあります。求人という目的でチラシを利用しようとするのであれば事前にやっておくことがあります。目的をはっきりさせることです。対象は誰か。場所はどこで。コストをはっきりさせて、年間の配る間隔をきめておく。媒体は何を利用するのか。こういったことを明確にしたうえで、年間の求人で配る回数を決めておけば効率的な手段として活用することができます。チラシを求人募集の手段にすることにはコスト面でよほど効率よくやらないと、人の手間とお金ばかりかかって非効率になります。最近は、直接顧客にアピールする目的で利用されるために、ポストがあふれているのが実情です。配るタイミングを考えないと逆効果になることもあります。

↑PAGE TOP

Menu